月曜日, 5月 31, 2004

比較級



人間は比較級でできている。


彼よりできていれば勝ち、平均より上なら勝ち
彼より劣っていれば負け、平均より下なら負け

人の価値観は比較級でできいる。

東大に落ちた慶應生
偏差値40で明治生

幸せなのはどっちだろう?
たぶん、後者だろう。

高2の時にネパールに行って向こうの人のほうがいい顔をしていた
のが印象的だった。テレビもパソコンも携帯も風呂もあるわけじゃなくて
貧しいのにすごくいい顔をしていた。

たぶん、東京にいる人の顔よりもいい顔をしているだろう。
中には暗そうな人もいたけど、いい顔をしている人の多さが印象的だった。

僕らが幸せか、不幸せかは周りの物質的な要因でなく、本人がどこに価値観を
おいているかだ。

何と比較するかだ。

「住めば都」と言う言葉があるが、人間の価値観はケッコウは早く変わる。
2,3日という短い時間じゃできないだろうけど、3ヶ月、3年とちょっと長い時間
あれば変われる。

人は比較して生きるのと、比較するものがちょっと長い時間で変わるからどこにでも
生きていけるのだと思う。

でも、裏を返せば、今までの生活も比較のおき方によって地獄に変わる。

こんなものにあふれた国でも年間に自殺者は3万人いる。
多分彼らはネパールの人たちよりも生活水準は高いだろう。
だけど、比較するものが自分の状態より高いから、ドロップアウトしたんだろう。

「地獄も天国も共存する」のが僕らの生きる世界なんだろう