木曜日, 8月 12, 2004

現実に戻るの巻



ひさびさに会いました。
ずっと、幻想の中であなたを作ってました。


幻想のあなたは素敵でした。
幻想のあなたに嫉妬をしていました。
幻想のあなたに惹かれていました。


少し前から気付いていました。
幻想であることも知っていました。
ただ、気付かないふりをしていました。


でも



そんな幻想が消えました。



あなたは知らないだろうけど、
あなたのおかげで強くなりました。
こころから感謝します。