土曜日, 12月 11, 2004

吠える



今日はあまりにも残念かつ、頭にくることがあったので他のブログにも同じ内容を書きました。

今日は我等別方向の代表演説がありました。

今後のWAAVをどうなって行くかというのは代表によって決まるものです。

これは普通に国会議員の選挙とかでも同じだと思います。

代表を決めるということは自分の所属する組織の方向も決まるし、

ひいては自分自身にも影響が及ぶことです。

さて、今日の代表演説への参加者は7人。

うちの団体は100名以上がいるはずなんですが、

どういうことでしょうか?

確かにその中でも現役を引退した人も入るので、

そういう人には縁遠い話ではありますが、

直接的に関係がある 来年の世代があまりにも少なすぎる。

現役できたのは王だけ(唯一救われる点ですが)楕円は0人。

これから我等別方向との付き合い方とかを真剣に考えなくては行けない人たちが参加しないのは、

彼らが我等別方向にいたくないという意思表示にしか思えません。

確かに忙しいのでしょう。

でも、1年生だって少ないわけじゃないでしょ?

誰かしら代表者作ってそいつに聞いてきてもらえよ。

何かしらの対策ができたはずです。

誰がステークホルダーなのかを再熟考する必要があると思います。

とてもじゃないけど、僕が何も知らないOBなら彼らの手助けになりたいとは思いません。

正直、見損ないました。

残念です。