火曜日, 12月 21, 2004

負け犬の言い分



前にも書いたことがあるかもしれないけど

自分は自分自身をあまりいい商品だと思っていない。

どちらかというとコストであると思っている。

だから、自分から自分自身を売り込むようなことはしない。

昨日はうそを一つついた。

独占欲がないというのは嘘で、

正直独占欲ばかりである。

でも、自分自身が相手にとってコストだと思うから

独占することができない。

その人が大事だと思えば思うほど

もう一人の自分がブレーキをかける。

それでも、寂しがりやだから

「一人はいやだ」

と思っていっても、結局は一人でいる。

論理式をこれで立ててみたら、

えらいバグだった。

結論は行動にでず、

内の中での葛藤となり、

そして、相手に全権を委託することで結果を待つ。

負け犬の言い分でした。