火曜日, 3月 08, 2005

彼の待つ結末は愚者かそれとも偉人か



人一倍、バカだといわれてきた。

人一倍、罵倒された。

誰よりも弱かった。

誰よりもいやな思いをした。

誰よりも頭が弱かった。

誰よりも自分を信じていなかった。


それがオレの今までの半生。

それでも、いろいろあってこんぐらいまで強くなりました。

まだ、弱いのはわかる。

もっとイケるのもわかる。

もっと大きくならないといけないのもわかる。




この一週間他の人には普通のことでもオレにとっては珍しいことがあった。

センチにもなったけど、

おかげでまた強くなりました。



諦めることをしなかったから今の俺がいて、

これからの自分もそうだと思う。

だから、オレは諦めない。



1億人が反対しても、

罵倒しても、

蔑んでも

諦めない。


ちょっと時間がかかるかもしれない。

そんなことは重要じゃない。

重要なのは遣り通すことだ。


結果がただのピエロでダメだったとしても

自分自身で白旗あげることはしない。

今までやってきたことをこれからも続けるということ。

これが愚者への入り口か偉人かはわからない。

でも、普通ということもないだろう。