日曜日, 3月 13, 2005

私を構成するものは「私」で私によって認識される





「パーソナル」


語源は「ペルソナ」(仮面)らしい。


個人はそれぞれ仮面をかぶり、


それを「私」というものを


相手の中に「私」と認識させ、


そして、


自分もそれにより認識する。






ぼくは大学入るまではずっとペルソナを作って、


それをかぶって、


それで、


どれが本当の自分の顔かわからなくなった。


どれもひんやりとしたペルソナだけど、


こないだは久しぶりに温かみを感じた。


なんとか、ペルソナをつけて、


最近は冷たかったのに、


その時だけは暖かく感じた。


たぶん、本当の顔のほうが


ペルソナよりも冷たかったんだと思う。


だから、


暖かかったんだ。


最近は、


僕が作った多くのペルソナはどれも自分なんだと思い始めた。


これからやることはすべてのペルソナを統合すること。



「I?」


これが残り半分の大学生活のもう半分を使って


やろうとすること。